今年暖冬?福井でモズが“お告げ” 福井の民家で「はやにえ」見つかる

福井新聞 2013年10月27日
e0161677_10485594.jpg


冬の積雪量を占うといわれる「モズのはやにえ」が26日、福井市大願寺2丁目の民家の庭先で見つかった。高さは約1・2メートルと、比較的低めという。モズの“お告げ”では、この冬は「暖冬」のようだ。
前波早苗さん(46)が庭の草むしりをしていて、モモの木の枝に体長数センチのカエルが突き刺さっているのを見つけた。モズが枝に獲物を刺す行為は、冬の食糧を確保するためともいわれる。本能的に雪が積もらない高さに刺すとされるが、科学的根拠はないという。
福井地方気象台が24日発表した11~1月の3カ月予報では、12~1月は平年に比べ雪や雨の日が多く、気温は平年並みか低い。“お告げ”と科学が真っ向対決する形になったが、「私はモズを信じたい」と前波さん。

埼玉県さいたま市の貸衣装店
着物レンタルのレンタコスチュームはぎわら
振袖レンタル専門店
袴レンタル専門店
七五三レンタル専門店
留袖レンタル専門店

by rental-kimono | 2013-10-27 10:49 | ホッとタイム

<< 今度は、岐阜 聖火、北極圏に到達 >>