人気ブログランキング |

大物カップル続々誕生も…芸能人が「豪華披露宴」をやらない理由

日刊ゲンダイ 2014年11月23日
e0161677_1115620.jpg

ここにきて、大物芸能人の結婚報道が続いている。今週は向井理(32)と国仲涼子(35)、西島秀俊(43)と27歳の一般女性だったが、最近では仲間由紀恵(35)と田中哲司(48)、竹野内豊(43)と倉科カナ(26)。ここ1、2年では仲里依紗(25)・中尾明慶(26)、堺雅人(41)・菅野美穂(37)、上戸彩(29)・EXILEのHIRO(45)、小栗旬(31)・山田優(30)と、まさに立て続けだ。

 ところが、テレビ局と芸能プロダクションからは嘆き節が聞こえてくるという。なぜなら、かつてなら結婚情報とセットでくっついてきた豪華な挙式と披露宴だが、最近ではそんな派手な話が皆無に近いんだとか。

「披露宴を中継すれば放映権料が1億円という時代もあって芸能プロは潤ったし、放送すれば高視聴率も稼げてテレビ局にもメリットがあった。芸能人の結婚はおいしい商売なわけですが、今は芸能人が拒否し、発表の花火を打ち上げるだけでおしまいです。日テレやフジはオファーはしているし、事務所も“できればパッとやってほしい”というのが本音ですが……」(芸能プロ関係者)

■今の芸能人はドライ

 では、披露宴をやらない理由は何か。これにはいくつかあるという。

 まず、プライバシーの問題。結婚式は個人情報の宝庫で、親族や関係者が明らかになり、個人情報が丸裸になる。今のタレントはこれを極端に嫌う。たとえば身内、関係者に暴力団関係者がいる場合もあって、出席を断るしかなく、ややこしい問題も多いのだとか。

 また、適齢期の芸能人は地味婚世代で、周囲も派手な披露宴をやらないのが普通。友人やごく親しい関係者だけでやるのが一般的で、披露宴といわれてもピンとこないのだという。

 さらに、放映権料が下がっているという事情もある。

「それでも、結婚する2人にはテレビ局からご祝儀が出ます。金額は1000万円とか2000万円です。でも、芸能人は見えっ張りだから、やるなら豪華な引き出物などを用意するので持ち出しになるケースもある。ドライな今の芸能人はそこまでして披露宴をやりたくないので、結局地味婚でとなってしまう」(テレビ局関係者)

 芸能界は、華やかではなくなっているようだ。

埼玉県さいたま市の貸衣装店
着物レンタルのレンタコスチュームはぎわら
振袖レンタル専門店
袴レンタル専門店
七五三レンタル専門店
留袖レンタル専門店

by rental-kimono | 2014-11-23 11:05 | ホッとタイム

<< 崖っぷち? 浜田とたむけんが、... 「悶え死ぬ!」「深キョンじゃな... >>